iPhone6バッテリー交換後の返金について、ただいま悶絶中

シェアをしてみる

ちょっと前に話題になりました、有償でiPhone6のバッテリー交換を行っていた場合返金があるニュースがありました
私のiPhone6も該当していたのでその際の返金の流れを共有します。

そもそも発端は

6月中頃にメールが届きました。クレジット情報-iPhoneバッテリーサービスリクエストというメールです。

内容を見ると、以前有償でバッテリーを交換したユーザに送られており、5,600円返金するという内容でした。

iPhoneのシリアル番号も書いてありました。で、2018年12月31日までに連絡しろとあります。

初めはメールで終わらせようと思ったのですが、IMEIが必要と言われ断念しました。

IMEIが判らない?!と不思議に思うかもしれません。実は、iPhone6はすでに売却済みで手元にないんです。今はiPhone8を使っています。

そこで、仕方ないので電話をしたんです。

電話を掛けたがわけわからない

電話を掛けると、意外に今回はスムーズに繋がりました。が、出てきた担当者はどうも要領を得ない。

かくかくしかじか~IMEI入れろと言われてももう手元にないんですと。

私も買った当時(オンラインのアップルストアでSIMフリーのiPhone6)のメールを見直してもないんです。で、一緒に購入したApplecare+についてのメールも発見し、契約番号やシリアル番号なども伝えました。

でも、あちらのスタンスは結局IMEIがないとって感じで、話が進まず。

で、サービスプロバイダから情報が上がっているから返金メールを上げたのは事実だが、一旦修理したサービスプロバイダに修理した確認を取ってくれ?というわけわからない状態に。

いやさ、このバッテリー問題って、アップルがアップデートするとバッテリー容量を減らすように細工したのがバレて、お詫びした内容ですよね。

しかも、対象者としてわかっている相手にメール(メアド、氏名、住所等)しているのに、さらに何をユーザに確認させるというのか。

修理確認?

私が修理したところはビックカメラでした。確か1万円くらい払いました。

で、今日ビックカメラに行ってみたんですね。バッテリーの返金プログラムに該当して、サポートにこんなことを言われたんですと。

受付の人も「はぁ?」って感じでした。「修理報告書を出しなおせばいいんですかね?」と言われたので、それでお願いしました。

修理報告書は出てきましたが、値段が何故か3,000円くらいになっていました。受付の人曰く、今の値段が出ちゃったかもですと。

で、IMEIはわからないですかね?と聞いたところ、なぜか嫌そうに、口頭なら伝えられますという形に。

メモを取らせてもらい帰宅の途につきました。

とりあえず今日は電話の受付時間を過ぎてしまったので、悶絶したまま過ごします。

解決編もどうぞ

スポンサーリンク

シェアをしてみる

フォローしてみる

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です