BOSE QuietControl 30 Wireless Headphonesが壊れたので交換してもらったお話

シェアをしてみる

さて、実は去年BOSEのワイヤレスイヤホンを購入しておりました。
それが最近故障し交換してもらえたので、共有します。

BOSE QuietControl 30 Wireless Headphonesって?

そもそもBOSE QuietControl 30 Wireless Headphonesはどんなイヤホンなのかというと、首輪っかタイプのBluetoothのワイヤレスイヤホン(ノイズキャンセリング付き)です。

初めは首輪っかはどうなのかと思っていましたが、やっぱり電池の持ちはいいし、意外に片方のイヤホンだけ一時的に外すなんてこともあるので、いいんです。(耳栓型は片方抜いたら持ってないといけないですしね)

ノイズキャンセリングも結構効いています。またイヤーパッドがしっかりしていて、耳にひねるように入れ込みます。首輪っかだからか頭を動かしても短いケーブルが引っ張られることもなく、自由に頭が動かせるのもGood

あと、Bluetoothなので音飛びはまれにします。感覚としては、1週間に1回とかくらい?ほかの乗客次第なのかもしれませんが、かなり混む電車通勤でこれくらいの頻度(瞬断レベル)なので全然許容できています。

どんな故障だったのか

普通に朝の通勤までは使えていて、帰りの電車で使おうとしたら、左のイヤホンからガリガリ音がすごく聞こえてきたんです。

電源を入れなおしたり、ペアリングをやり直してみたりしたのですが、電源を入れたとたん(音源自体の電源を入れなくても)ガリガリいうのと、コードを動かすとガリガリが激しくなるため、壊れたなと。

早速BOSEのホームページで対処法を見たんですが、電話かメールをしろということでした。

連絡をしてからの流れ

まずはメールを出しました。その後2日後に、サポートから返信メールがありました。

それによると、テンプレだと思うんですが、iPhoneのBOSEコネクトは使わないでペアリングしてみろとか、一旦ペアリングを外してみろとか、充電はPCのUSBから付属のUSBケーブルでしろとか言われたんです。

まぁ充電はACアダプタ⇒USBでやっていたんですが・・でもこれだけで壊れる可能性があるって今時どんだけ脆弱なのか。

それ以外はやってみたけど、結局変わらないので、返信メールに試してみてもダメな旨を返信しました。

すると、ここへ本体を元払いで送れという指示がきます(BOSE問い合わせの受付番号を伝票の備考に書く)。

それから一週間後に無事にヤマト運輸で帰ってきました。

戻ってきたが・・?!

ヤマト運輸の段ボールを開けてびっくり

モロ新品が入っていました。ええ。箱ごと・・というかお店で売っているそのまま全部です。

中を開けてみると、キャリングケースもイヤーパッドもUSBケーブルも説明書も込々です。

いやー助かりました。

ただ、買って半年でこの状態ですから・・ちょっと耐久性としては微妙だなとも思います。ちゃんと付属のキャリングケースに入れて運んでましたしね。

まぁその都度交換してくれるならいいんですが。今回の交換により保証がどうなったのか(送られてきた新品入手から1年となるのか、それとも初めの製品入手からの残余期間なのか)わかりません(シリアルナンバーも違うし)。

とりあえず、新品送ってくるんだし、それから1年だよな?と勝手に思っています。

BOSEがなかった1週間

送ってから戻ってくるまで1週間かかったわけですが、その間に感じたのは、やっぱりノイズキャンセリングのイヤホンはいいねってことです。

通勤の何とも言えない嫌な雰囲気の車内から距離を置かせてもらえるストレス軽減アイテム。そしてワイヤレスですから、リュック通勤の私も首回りがスッキリで満足だったBOSE QuietControl 30 Wireless Headphonesがないだけで、通勤が痛勤に早変わり。

確かに価格は結構しますが、心の健康のためには必要経費かなって思っています。なので、耐久性をもう少し上げてくれると助かります!

今度は、AnkerのAC電源を使って、充電に気を付けてみたいと思います(全然懲りてない?)

スポンサーリンク

シェアをしてみる

フォローしてみる

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です