格安SIMで今でもIIJmioを選ぶ3つの理由

シェアをしてみる

格安SIMも去年あたりから次々と発売されてますよね。どこの会社を選んだらいいか迷います。そんなあなたに私がオススメするIIJmioを選ぶ理由を伝えたいと思います。

理由3つ

  1. 業界のトップランナーで柔軟な姿勢
  2. 対応が素晴らしい
  3. ユーザが主体的に管理出来る

トップランナーって?

一応老舗として日本通信がありますが、ここはいい噂がありません。中立もしくはネガティヴです。何故か。広告している内容が実現できてないんですね。スピードが遅いんです。なので老舗でもトップランナーではないです。

トップランナーはIIJとOCNの二強です。この二つが新しいプランを作ったりして引っ張ったのでここまで格安SIMが身近になったのだと思います。

IIJは月に○○MB高速で使えます(当時はMBでした)。一方OCNは1日○○MB高速で使えます。という現在主流の二パターンのプランを作ったんですね。私は日によって使用量が異なるのでIIJを使ってます。

また、IIJは高速で使える容量も最初に増やしてきました。他の会社はそれに追従するだけです。なのでIIJがいなかったら未だに高速通信可能な容量はMBレベルだったかもしれません。これからも期待してます。

それまでの日本通信の安かろう悪かろうから脱皮した功績は素晴らしいです。

また、格安SIM全般に言えることですが、縛りが無いのもいいですよ。音声通話を付けると縛りが発生しますが、データ通信だけのプランならありません。

容量に関しても、月毎に変えられます。今月は2GBのミニマムプラン。来月は4GBのスタンダードプランとか。変更はモチロン無料でできます。

使わなかった容量は翌月に繰越せます。これも嬉しいですね。

対応が素晴らしい

何を言っているかと思うかもしれません。ここでいう対応は、スマホの新しい機種及びOSのバージョンが出た際、いち早くテストして結果を公表してます。

これはかなりの労力がかかっているはずですが、一貫してやり遂げてます。この対応によりユーザはOSのアップデートして良いか、新しいスマホを買って良いか判断できますよね。

私OSアップデートなんかしたことないけど?なんて方もいるかもしれません。

しかし、最近の機種は作りかけで世に出すことが多いので、アップデートは必須です。ひどい場合電話なのに電話出来ないとか普通にあります。また、セキュリティの穴も見つかりますので、アップデートしていくほうが良いです。

その際、アップデートしたら違う部分が動かなくなるなんてこともあるので、IIJの実機でのテストは貴重な情報です。

ユーザが主体的に管理出来る

主体的に管理とは、みおぽんというアプリの存在です。IIJmioでは高速通信(150Mbps)と低速通信(200kbps)が両方出来ます。月○GBと言っているのは高速通信で、低速通信は無制限です(3日間で366MB使うと速度制限がかかります)。

みおぽんのアプリ上で高速通信出来る量の表示と高速通信と低速通信を切り替えられます。直ぐに切り替えられるので自分で考えて効率よく残り容量を使えますよね。

私は基本ずっと高速通信してます。なので普通に速いですよ。

IIJmioのデメリットはないの?

一応注意点を挙げておきます。次の二点です。あなたの使い方ではこのデメリットは許容できますか?

  • 通話が多い人 → 家族割りなどの割引がないので高くなります。
  • キャリアメールを使い続けたい人 → 使えなくなります。

まとめ

3つの理由を説明しましたが、いかがでしょうか。格安SIMを選ぶ上で重要なのは、自分がスマホで何をしたいのかです。言い換えれば高速通信をどれだけ使いたいかです。

動画ストリーミングするなら2GBでは足りません。LINEやメールがメインなら2GBで有り余ります。それを見極めれば、IIJmioなどの格安SIMを使ってかなりの節約ができますよ。

大抵の人は2GBでも十分と言われてます。普通のキャリア(docomoやau、SoftBank)では3000円以上かかりますが、IIJmioなら1000円です。

MNPも出来ますし、携帯のキャリアメールは使えないだけで他は全部出来ますから皆さんも一度格安SIMの検討をしてみて下さい。

皆さんのヒントになれば幸いです。
申込、詳細は↓こちら↓

このリンクからの申込み限定で2ヶ月間データ容量10%増量です。

スポンサーリンク

シェアをしてみる

フォローしてみる

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です