【さくらサーバ】【独自ドメイン】WordPressをクイックインストールするときのフォルダについて

シェアをしてみる

mon3(@mon3_org)です。
私は、さくらサーバを使っているのですが、WordPressをクイックインストールした際のフォルダについて面倒なことがあったので共有します。

前提

前提として次の状態でした。

  • WordPressをクイックインストールする
  • 独自ドメインで運用する
  • さくらの初期ドメイン(xxxx.sakura.ne.jp/www)の公開フォルダの直下は綺麗なまま使いたい

何が問題か

さくらでクイックインストールする際には、初期ドメインの直下には作れず、フォルダを切る事になります。
これはとりあえず問題ないんです。
で、独自ドメインの設定として、初期ドメインと独自ドメインのつなぎ(xxxx.sakura.ne.jp/をaaa.comにする)をaaa.comだけにしてると、WordPressのインストール箇所はいいんですが、ブラウザでURLを入力する時、aaa.com/WordPressのインストールフォルダまで指定しないと見られないし、もしaaa.comと打ってしまうとブラウザ上でFTPみたく他のフォルダやファイルが丸見えなんですね。
これは、良くないと思い、独自ドメイン設定で(xxxx.sakura.ne.jp/をaaa.com/WordPressのインストールフォルダにする)にすると、今度はWordPressにアクセス出来ません。

解決方法

  1. 独自ドメインとさくらの初期ドメインの接続フォルダは何もしない(空欄)
  2. クイックインストールで(独自ドメイン)WordPressを任意のフォルダでインストールする
  3. WordPressの初期設定で次のことをおこなう
    • 設定→一般→WordPressアドレスを開く
    • アドレスを独自ドメインでフォルダなしのものにする(http://aaa.com/WordPressをインストールしたフォルダ→http://aaa.com)
    • 同様にサイトアドレスも変更する
    • 変更を保存する
    • 画面が真っ白になるばオッケー
  4. さくらのドメイン設定画面で初期ドメインとの接続(最初空欄だったところ)を「/WordPressをインストールしたフォルダ」にする

以上で、aaa.comにアクセスすると、ちゃんと出てくるようになります。
管理アドレスもaaa.com/wp-adminのような形で楽チンです。
また、さくら上はwww以下にインストールしたフォルダだけある状態なのでスッキリしますし、別のドメインを使って別のWordPressをインストールすることも可能です。
さくらのスタンダードプランは20個もデータベース作れますので、こういった使い方するかたも多いのではないでしょうか。
皆さんのヒントになれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアをしてみる

フォローしてみる

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です