ダイソン【dyson DC61MH/PRN】がウチにもやって来た

シェアをしてみる

よく聞きますよね。ダイソン。凄い吸引力の掃除機です。ダイソーではありません。
今回、ウチにもやってきましたのでレビューしてみます。

そもそもなんで買ったの?

既に普通のmakitaの掃除機はあります。今回買ったのは、布団にかけたい、という理由です。ウチの布団はあまり干せてないのでホコリ、ダニが心配なんですよ。子供も小さいし。

最近では布団掃除機としてはレイコップが有名ですよね。レイコップの理屈は紫外線でダニを殺すといってますが、殺したとしても死骸が結局アレルギーの要因となるので、吸わなきゃしょうがないと。

でも吸う力はダイソンじゃないか?というわけです。

音は気になる?

昔から掃除機は音がどれくらいかというのが気になるポイントですが、このダイソンは意外にうるさく感じません。

なんか未来的な音がします。ちょっと高い感じの音でプチューンって感じで、使ってて楽しいですよ。

バッテリーの持ち、充電時間

説明書には20分とあり、先端のアタッチメントにより18分だったりします。また、強力モードだと6分です。

バッテリーがなくなるとスパッとOFFになります。吸引力が悪くなってダラダラ→電源OFFではありません。

100%MAXからのイキナリOFFです。ダイソンの思想(吸引力)から言えば正しい動きだと思いますが、焦ります(笑)

バッテリーはコンセントのアダプターから直接コードを刺して3時間半かかります。長いと言えば長いですが、1日1回使うくらいなので特に大丈夫です。

確かに凄い吸引力

ゴミが何もないと思ったソファの上や布団とかにかけてみると、白い粉が何故か沢山取れるんです。あと、綿ぼこりも大量に。

素材そのものもあるんでしょうが、ビックリしました。確かに吸引力は凄いですね。

ゴミ捨て方法

一応説明書では片手で蓋を開けて捨てられるとありましたが、ちょっと動かすところが硬いので両手が必要でした。

パコッと下に開くので、ゴミ箱の上ですれば簡単に捨てられます。ただ白い粉など細かいゴミも取れているのでちょっとしたことで舞ってしまいます。

湿らせたティッシュを置いたり、軽く霧吹きを付近でした状態で捨てると良いです。

ダイソンのある生活

定期的に布団にかけたり、日常ちょっとしたゴミを発見したところに使ったり、このタイプは軽いのでどこでも気軽に使えるのがいいですね。

皆さんもこんなダイソンのある生活はいかかでしょうか。
想像してください。塵のない部屋、清浄な空気、ザラザラしない床。気持ち良いですよね。ダイソンで実現出来ます。

皆さんのヒントになれば幸いです。

via PressSync

スポンサーリンク

シェアをしてみる

フォローしてみる

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です