子供用スキーウェアの耐水圧について【迷い中】

シェアをしてみる

まだ滑らないレベルの子供の雪遊びウェアを考えているのですが、色々迷っていますので共有したいと思います。

そもそも必要なのか

さすがに転んだり座ったりすると予想されるので、一応ちゃんとしたスキーウェア的なものが必要と考えました。
ただちゃんとしたって何だろうと。

カタログやら店舗に行くと

耐水圧◯◯mmとかあるんですね。
耐水圧の定義としては、対象の布の1平方センチメートル(1cm✖️1cm)に水を乗せたとき、高さ何ミリになったら裏に沁みるかを表しています。
売っているもので低いのは2000mm位なんですね。
2mって!これで大丈夫なんじゃね?と軽く思ったのですが、飛んだりコケたりするとかなりの圧がかかりそうだなと、一旦考え直し、調べました。

定説

普通の傘なんかは500mmとかなんだそうです。→2000mm勝利!
テントなんかを見ても1500mmとかなんです。→2000mm勝利!
おお〜それじゃ2000mmでやっぱりいいんじゃと思ったんです。最後にアウトドアメーカーのレインウェアをチェックしたんですよ。
・・20000mmとか!、30000mmとか!なんです。

ケタ違いの耐水圧(レインウェア)

何という戦闘力・・
オーバースペックなんじゃないの?
と調べていくと、座る、膝立ちすると、圧としては大人だと10000mm位は超えることがわかりました。
子供の体重に換算しても2000mmは厳しいんです。
スキー場の下で雪遊びとはいえ、沁みたウェアはさぞ気持ち悪かろうと。
とりあえず、5000mmで行くのかもっと上を目指すのか・・振り出しに戻りました。

形状も問題

オーバーオールでいくか、セパレートでいくかも悩みです。
オーバーオールならどんなに転げても腰辺りからの浸水はないけど、室内に入ると温度調節が難しい。また、子供が大きくなるとすぐに着れなくなりそう。
セパレートはかなりサイズ調整(20cm位)が出来るのがメリット。室内でも上だけ脱ぐことも可能。でも上下買うので高い。

迷いますね〜
どなたか知恵を授けてください。お願いします。
購入編はこちら
via PressSync

スポンサーリンク

シェアをしてみる

フォローしてみる

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です