横浜インビテーションカード(ハマカード)は年会費無料なのに・・!

シェアをしてみる

こんばんは。

みなさん、クレジットカードバリバリ使ってますか?
漢方スタイルクラブカードの改悪などもあって、最近は何か良いカードなかったっけな・・と探し回っております。

今回、ふと手元のカードを整理してたら、紹介していなかったカードがあったので、紹介します。

それは、横浜インビテーションカード通称ハマカードです。

ハマカード基本情報

基本情報をまとめると次のとおりです。

  • 発行会社はJACCS
  • 年会費無料!
  • 海外旅行保険が自動付帯
  • J’sコンシェルでお店がお得に使える
  • ポイント付与率は0.5%でたまるポイントはJACCSのラブリィポイント

J’sコンシェルはJACCSカードのサービスなので、ハマカード限定ではありません。

ハマカードの良いところは、何と言っても年会費無料なのに、海外旅行保険が自動付帯なこと!これに尽きます。

  • 傷害死亡・後遺障害:最高2,000万円
  • 傷害治療費用:最高200万円
  • 疾病治療費用:最高200万円
  • 賠償責任:最高2,000万円
  • 救援者費用:最高200万円
  • 携行品損害:最高20万円(免責3,000円)

しかも、結構な補償額なんですよ。下手なゴールドカードレベルです。

海外旅行保険自動付帯ってそんなにすごいの?

年会費無料でついているのは、結構少ないんです。

以前紹介したEPOSカード(年会費無料)も自動付帯がついているカードですが、楽天カードは利用付帯です。

ちなみに漢方スタイルクラブカードも自動付帯ですが、年会費がありますから、当たり前といえば当たり前ですね。

でも、ゴールドカードなのに利用付帯しかないカードもあるんですよ。その点、ハマカードは素晴らしいです。

そもそも利用付帯と自動付帯の違いですが・・

  1. 利用付帯:旅行料金を該当カードで支払いをした場合保険が付く
  2. 自動付帯:カードを作っただけでいつでも保険が付く

まぁ、旅行代金を払うから利用付帯でも良いという考え方もありますよね。ただクレジットカードに付いている旅行保険をもう少し知ると、自動付帯のカードを複数持ちたくなりますよ。

海外旅行保険自動付帯のカードを複数枚持つって?

私もはじめは意味あるのかな?って疑問だったんです。

実は、付帯される保険をよく見てみると、傷害死亡、後遺障害、傷害・疾病治療、賠償責任・・etcとジャンル?が分かれていて項目ごとに補償額が違います。

このジャンルのうち死亡と後遺傷害以外は、カードを複数持っていると合算できるんです。

疾病治療を200万円と300万円の2枚のクレジットカードを持っていたら、500万円まで補償が可能です。

これってすごくないですか?

利用付帯だと、ここはこっちのカードで払って、もう半分は違うカードで払って・・みたいなことをしないとダメですが、自動付帯なら関係なく合算できます。

もちろん、小さな字で細かい条件が書いてある場合があるので、要確認です。

しかし、自動付帯のカードを何枚も持っているメリットはお分かりいただけたのではないでしょうか。

ちなみに合算できない、死亡、後遺傷害に関しては、一つだけ使えます。

メリットを述べてきましたが、私が感じるデメリットとしては、たまるポイントがラブリィポイントなことです。

そのため、インターコムクラブに登録すると、JACCSモール経由のボーナスポイントもラブリィポイントでついてしまいます。

1000ポイントで1000円以上の価値なんですが、1000ポイント貯めるまでが辛いです。

それ以外は、年会費が無料ですから、海外旅行にいこうかなと思っている人には持っていて損はないカードといえます。

今ならキャンペーンで1000円分のJデポが付いています。
詳細はこちら⇒⇒ジャックス 横浜インビテーションカード(ハマカード)

スポンサーリンク

シェアをしてみる

フォローしてみる

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です