とりあえずSBI FXトレードでスタートしてみます

シェアをしてみる

先日、FX業者を調べるとして終わりました。
その後調べてみたのですが、業者の数が多すぎてわけがわからない状態になってしまいました。

そもそも何が分からない?

業者で共通するのは、取引手数料は無料という点。
あとは色々な要素があり過ぎて困り果ててました。

  • スプレッド
  • スワップポイント
  • 取引単位
  • 課税の扱い
  • スマホアプリ

などなどがうわーっと出てきて各々に違いが当然あるんですが、何が自分にとって大事なのかが分からないので決められなかったんです。

スプレッド

為替を買うときの手数料ですね。これが狭いと買いたい手数料が低いとして良さげです。

デイトレードでも中長期でもFXやる全ての人にとって大事なところ。

ただこれも固定では無く、流動的なので、これを業者選定の決め手にしても一時的な感じがします。

スワップポイント

通貨ペアの金利差のこと。これがプラスなら1日ずつ利息として貯まります。

金利差があるペアを一年とか持ち続けてるとウホッウホッな状態に。

これも残念ながら流動的なので買ったあとも気にしないといけないポイント。

取引単位

普通は1万通貨を単位にする業者が多い。

1000のところもある。あと1からもあります。

例えば1万通貨の業者だと1万ドル買わなきゃいけないので、それなりに円も必要です。

レバレッジを1倍にしたいなら120万弱必要ですね。

課税の扱い

為替が動いて含み益が出た場合に、決済してなくても税金が引かれるか、決済したタイミングで税金が引かれるかの違い。

スワップポイントについても同様。

決済してないのに課税されたら嫌だよなぁと思いました。

スマホアプリ

早さと見やすさによって競っているようですが、最近のを見る限りとりあえずどれでも大丈夫そうな印象でした。

FXの使い方

さて、色々な指標(機能や制限)がでてきて混乱したので、一度初心を思い出しました。

FXを行う目的は当然資産運用して増やすことですよね。
ここまでは当たり前です。

ただ、FXをどういうつもりで使うかによって、どれが大事かが変わってきます。

デイトレードするなら、スワップポイントはほぼ関係ないだろうし、中長期なら課税のタイミングは大事だし、買える最小単位も大事ですよね。

シストレも興味が出てきたりして・・マジカオス

私は、外貨預金の代わりとしてと考えていたので、スワップポイントとスプレッドが大事だと思ってました。

ただ、一発買いでどーんと買うと為替の状況によっては厳しいので、投資信託でもやっているドルコスト平均法をやろうと思ったんです。

そうしたら、1万通貨単位だと結構辛いなと。

そんな時にネットで「お気楽FX」というサイトを見つけました。

正に私がやりたい内容です。オーストラリアドルですが。

貪るように読み込み、1通貨単位から取引出来る、SBI FXトレードに口座を開くことにしました。

1通貨単位からだから、月1万円投入でもレバレッジを低めで買えます。気軽に出来る!すなわち継続できるんです。

この手法の良いところは(まだやってませんが汗)、腰を据えて長期で行うこと、普通の毎日が送れそうなこと(損失、利益が気になって眠れないとかは困ります)、ある程度ローリスク、ミドルリターンを狙えそうなこと、何と言っても無理せず継続できそうなところです。

最近思うのが、物事はどれだけ継続出来るかが結果を左右するなぁということです。

一瞬良くても、悪くても、続けていくことで、良い方に収束する感じがあります。さらに、自分の中でしっかり経験値がたまると思います。

まずはお気楽FXをお手本に頑張ってみたいと思います。

公式サイトは↓です。


皆さんのヒントになれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアをしてみる

フォローしてみる

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です