FX会社使い分け

シェアをしてみる

SBIFXトレードと外為オンラインの二つの口座を開いたところですが、またまた新たに口座を開きましたので共有します。

どこの会社の口座を開いたの?

新しく、DMMFXヒロセ通商です。

特徴としては、DMMはマイナスのスワップポイントが小さい、ヒロセ通商はプラスのスワップポイントが大きいんです。

何をしたいのかというと、両社で両建て(売ポジと買ポジを両方持つこと)すると為替関係なくスワップポイントの差分が溜まっていくんです。一万通貨で数十円が1日毎に。

異業者両建て

両建て自体は一つの会社でできるのですが、基本的に両建てするとスワップがマイナスになるようになっています。買いポジで40円、売りポジでマイナス50円でトータルマイナス10円とか。

しかし、業者のペアを考えるとプラスになる会社のペアがあるんですよ。

メリット

何と言っても為替の変動で損が出ない。何故なら、例えば買ポジに利益が出てるなら、同じだけ売りポジに損が出て、プラマイゼロです。

そのため相場を読まずにオッケー

デメリット(注意点)

メリットの裏返しですが、為替の変動で利益が出ないので、資産が増えるスピードは遅いです。

また、為替が片方に寄りすぎると、見かけの損が出ている口座がロスカットされる可能性があるので、調整する(追加の入金)必要があります。

また、スワップポイントの差分がちょいちょい変わるので、数日に一回程度は確認が必要です。

なかなか良さそうですが

1万通貨で1日数十円でしょ?

侮れませんよ。20円として・・200日あれば4000円です。各口座10万円ずつ、計20万円程度の証拠金で1年放っておけば、4000円ですよ。
10万通貨であれば4万円ですからね。

ロスカットされると終わってしまうので、資産管理は必要ですが、下手な節約術より優れていると思います。定期預金と考えれば、びっくりの利回りです。

リスクは、先ほど上がっている、強制ロスカットされないように資金を調整できるか。スワップポイントの変化の他、FX業者の倒産あたりでしょうか。

あと、両建てすぐは、スプレッドの関係、スリッページの関係で少しマイナスになると思うので、数日〜数週間はマイナス運用となります。それを越えればやめるまでずっとプラスのはずです。

じゃ、なんでみんなしないのか?絶対儲かる系ですもんね。

理由は面倒くさいからじゃないでしょうか。口座を作らないといけないし、両社に証拠金を突っ込まないといけないし。さらに損が出過ぎている口座にはロスカットされないように調整しないといけないし。

まぁ私もこれからやる人間なので、他にも理由があるかもしれません。実践してみて考えたいと思います。

これで取引口座が多くなってきました

訳分からなくなりそうなので、今のうちに目的を記録していきます。

DMMFX ⇒ 両建て売りポジ用
SBIFX ⇒ ドルコスト平均法(1通貨から買えるので)
外為オンライン ⇒ iサイクル注文とサイクル注文(レンジ相場でもコツコツ稼ぎたい)
ヒロセ通商 ⇒ 両建て買ポジ用

あと、買いスワップポイントが大きいライブスター証券も狙っています。が、とりあえずヒロセ通商で頑張ってみます。

DMMFXの公式サイトはこちら↓
DMM FX×あいまいみー

ヒロセ通商の公式サイトはこちら↓
外国為替証拠金取引

スポンサーリンク

シェアをしてみる

フォローしてみる

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です