グランドセイコーオーバーホールをしてみました

シェアをしてみる

前回は、グランドセイコーの電池交換をしたのですが、3年近く経ちまして再度電池切れになりましたので、今回はオーバーホール(電池交換含まれます)をお願いしました。

今回も依頼はオンラインで

オンライン修理受付で、型番と依頼内容を入れると、集荷のためのセットをゆうメールで送ってくれます。

ゆうメールを開けると布団乾燥機に入ったようなスポンジと折りたたまれた紙箱、送付袋と送付のための説明書、宛先とこちらの名前が印字されている送付状が入っています。

説明書の指示通りに時計をセットし梱包してコンビニへ持っていけばOKというお手軽さ。

送ったあとは・・?

私は今回年末にかかってしまうかなぁと思っていたので問題ないのですが、戻ってくるまでほぼ1か月近くかかりました。

ただ、こちらから時計を送った次の日には受領のメールや、実際の作業開始のメール(返送の見込み日含む)など、随時メールで送ってくれるのは助かりました。もちろん自分でネット上の修理サポート窓口でも確認できますが、自動で送られてくるのはやっぱりいいものです。ほしい情報の場合。

送った後は、連絡がメールで来ますが、そもそもの予算内(依頼時に一応見積もりが出ます)の場合は、自動的に作業に入るオプションを選択していれば、特に連絡もなく作業に入ってもらえます。オプションで選択しなければ、一旦連絡が来ることになっていますのでお好みで。

今回の私の場合は、返送の見込み日より早く戻ってきました。

オーバーホール前に経年使っている関係で結構傷が出来ていたんですが、傷含めてピカピカに綺麗になって帰ってきました。オーバーホールの結果を見てみると(一緒に入っています)やはりパッキンの劣化や汚れが内部までとか使用しているうえでどうしても避けられないところを対応していただいておりました。

オーバーホール+送料+税込みで40,716円(見積額どおり)でした。これを代引きで払うので、家人に頼む場合は現金を用意してあげる必要があるかもしれませんね。

ただ、クレジットカードもその場で使えるので、ポイントをためている人にはクレカでの支払いがお勧めです。私も今回クレジットカードで払いました。

高いといえば高いかもしれませんが、大事なItemなので2回に1回くらいは今後もオーバーホールしようかと思っています。

皆様の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアをしてみる

フォローしてみる

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です