AirPods Pro購入!BOSE QuietControl 30 Wireless Headphonesとの比較

シェアをしてみる

元々BOSE QuietControl30を使っていたわけですが、iPhoneを使っていることもあり、ついAirPods Proを購入してしまったので、両者の比較をしてみます。

結論

  • iPhoneオンリーやiPadオンリーで音源が1種の方→AirPodsPro
  • iPhone、iPad、PCとかいろいろ切り替えて使いたい→Quiet Control30

というのは、AirPodsは機器の切り替えが手動だからです。驚きました。
同じApple製品のiPhoneとiPadでさえ、能動的に機器を解除→選択しないと音が鳴らせないとは。

その点BOSEは、BOSE Connectというアプリで接続先を事前に登録出来て、その中で音がなればそちらの機器と繋がるという神仕様。実はこれだけでも買う価値があるのかも。

同じくらいの値段で買えますしね。

外観・重さの違い

もう、AirPodsProは薬のピルケース並に小さくてビビります。それに比べてBOSEは首輪ですので、CD以上の大きさがあります。

しかしながら、重さに関して言えば、同じくらいの重さに感じました。

どちらにしても、バッグに入れておくには特に問題ない重さです。

ただ、大きさというか体積と考えると、圧倒的にAirPodProに軍配ですね。

BOSE QuietControl30は大体AirPodPro7つ分くらいではないでしょうか。

音質とか電池の持ち

この辺は専門家が色々おっしゃっていると思うので、耳の悪いおっさんの印象ですが、音質は電車の中で聞いている範囲ではどっちでも良いです。

AirPodProもノイズキャンセリングがついてますので、音に集中させてくれます。ただ、BOSEの方がもう一段静かかなぁとは思います。

電池の持ちは、意外にAirPodProの方が良いと思います。単品では変わらないんですが、AirPodProにはケース兼充電池がありますので、少し休ませれば、またフルで聞けますからね。

AirPodsProを上げつつも、BOSEの方がいいぞな点

私の使い方なのかもしれませんが、私は、PC、iPad、iPhone、Androidを使っているんですが、機器の切り替えが、実は面倒なんですよ。

いままでBOSEでは、BOSE Connectというアプリがあって、アプリ上でBluetoothの切り替え先を登録してしておけて、その中の2種類については、音がなる方(信号が出るほう)に自動的に切り替わるステキ仕様なんですね!
(スタメン2種とサブその他みたいな感じでしょうか。)

しかも、その2種をスイッチ一つで簡単に切り替えられる(スタメン⇄サブ)わけです。

なので、iPhoneとiPadを登録(スタメン)しておけば、どちらでも音楽を流し始めれば、勝手に再生機器がBOSEに音を流すんですよ。神仕様!

ところが!!AirPodsProのやつは!

切り替えが手動なんですよ?!マジですか?

Bluetoothから繋がっている機器の接続解除して、繋げ替えたい機器で接続する必要があるんです。

しかもね。なんか分からないんだけど、ボリュームがすごく小さくなるというか、これ繋がってるの?って不安になるんですよ。うるさい場所(電車の中とか)だと、音がなっているかどうかも分からない感じ。

仕方がないから、ショートカットという機能を使って、Bluetooth接続→再生機器選択とかしてみるんですが、もしAirPodsProがない場合は、エラーが表示されたりといまいちうまくいかないんですね。困ったなあ。

最近、iPhoneの電池の持ちが怪しすぎて、音楽はiPadから出そうと思っているですが、と言って基本はiPhoneを使いたいしと、切り替えがうざすぎます。

初めのペアリングの容易さとかはさすがAppleって感じ何ですが、同じApple商品での切り替えが手動とかあり得ないんだけど。

まぁ、俺、iPhoneしか持っていないし〜みたいな方には無問題ですがね・・・

スポンサーリンク

シェアをしてみる

フォローしてみる

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です